正しいがんの知識

肝臓・胆嚢・すい臓がん

肝臓・胆嚢・すい臓がんとは?

肝臓、胆道、膵臓がんは年齢が高くなるにしたがって増えています。
最近、これらのがんで死亡する人が増加の傾向にあり、図のように肝、胆、膵がんとも年々増えつづけています。
特に男性の肝がんは、肺がん、胃がん、大腸がんについで多いがんとなっています。

生活習慣病について

生活習慣病に含まれる疾病は心筋梗塞、脳血管疾患、悪性新生物(癌)の3大疾病のほか、代謝疾患(インスリン非依存性糖尿病、肥満、高脂血症、高尿酸血 症)、高血圧やアルコール性肝疾患など、いずれも生活習慣に深く関わり、かつ成人になってから発症しやすいものです。これからは病気になる前に予防することが大切です。そのためには食事と運動について注意を払いましょう。

kantansui-01

肝臓・胆嚢・すい臓がんの粗死亡率の推移

kantansui-02

次のような人は検診を受けましょう

  • ・自覚症状(上腹部痛、重苦しい感じ、腹部膨満感、残尿感など)のある人。
  • ・50歳以上の人。
  • ・家族に消化器がん、胆石、肝硬変にかかったことのある人。
  • ・過去におなかの病気にかかったことのある人。
  • ・血液(肝機能など)、尿検査で異常のあった人。

検査内容

超音波検査

人間の耳では聞こえない音波を利用した検査です。人体への害が全くなく、痛みなどもありません。
肝臓・胆道・膵臓・腎臓などのがん、結石、生活習慣病などの病気の発見に役立ちます。
肥満、脂肪肝、胆石、腎結石などは生活習慣病です。問診、血液検査などと併用すると多くの生活習慣病をチェックできます。
前立腺肥大は超音波で容易にわかりますが、前立腺がんには、PSA( 前立腺特異抗原)による血液検査が有用です。

kantansui-03

C.T.(コンピューター断層撮影)

コンピューターを使って体の断面を細かく撮影するレントゲン検査です。

kantansui-04

超音波内視鏡検査

内視鏡に超音波を組合わせた検査です。

MRI(磁気共鳴検査)

磁気を使って体の断面を細かく撮影します。

肝臓・胆嚢・すい臓がん検診を知る、受ける

このページのトップへ戻る